FC2ブログ

カレンダー(月別)
2018年12月
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

本山

Author:本山

らいぶじゃんきーじゃないです。

☆up☆ライヴ参戦

カテゴリ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
さて。ブログリレーですよー。
今回はちゃちゃっと回しちゃいましょう!ふぉい!

今回のテーマはこれっ\\\\ ٩( 'ω' )و ////
「タイムスリップできるなら行きたい時代は?」

………( 'ω')
んとですね。歴史が疎い私でも唯一知ってる時代が殷くらいなのです…。
むかし読んでた「封神演義」っていう漫画の影響ですがね( 'ω')

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、殷末から周始くらいの時代のお話です。
このマンガはわりと設定が独特で、いやいやこの人が?!っていう人がすごい人でした扱いになってます。

ちなみに、
女禍っていう始祖がいて、その始祖の生まれ故郷が滅びたから地球をその故郷にそっくり似せましょ、似るまで何度でもつくりなおしましょ。それを阻止しましょ、っていう伏羲っていう最初の人がいっしょーけんめーあーだこーだする話です。

まぁ、女禍だとか伏羲だとかは全然関係なくて。
殷→周の変化ってすごいなぁーって思うのです。ものすごく漠然とした言葉ですけど。ここはまぁ、語彙不足ってことでてへぺろりん☆

たぶん日本で言えば明治維新的なアレでしょうね。ええ。違うか。無血開城はしてないもんね、殷周革命。

いや、そーゆーことでなくて。

いわゆる、政府とか政治とかに文句があって不満があって、その勢力が国を潰して新たに建国するのって、ものすごい原動力だよなって。
確かに昔は当たり前だったのかもしれないのだけど、(何かゴールが見えない)

何かそーゆ、時代に身を置いてみたいのです。国を変えたいと思っている人たちは何を思っていて、何を感じていて生きているのか。
軍師太公望は釣りをしながら何を考えていたのだろう。まぁ…羌族だからなぁ…殷に対して恨みしかなかったんだろうなぁ…( 'ω')

けど、恨みだけじゃ四大諸侯動かせんじゃん?紂王による悪政だけでも動かんじゃん?
なのに動いたっていう、人々の動きが見たいのです。見てみたいのです。時代の変化。

激動の1年でしたなんてわりとよく聞くけど、どこがよ…。何が変わったの?政権が変わった?そんなのあるあるだよね?日本じゃ珍しいことだったけど。
国が変わったんだよ?元号が変わっただけじゃなくて、国。

ね?激動でしょ?

西伯侯姫昌と太公望が東・南・北伯侯説得して殷を囲むように周をつくって攻める。ないでしょこんなの普通。見てみたいでしょ。私は見てみたい。なんなら隣にいて今何を考えているのか聞きたい。

という訳です。
何かさっきから迷走してる気するけど察してください。

まぁ、殷周革命は置いといて。私は私で去年は激動の1年でしたね。いろんな意味で。激動?激働ですね。
けど、たくさん働いたからって何だよ、って話なので稼働がどうのこうのって話はここで最後にしたいと思います。

革命すりゃ労働条件とか変わるんかね?自分の思う理想に近づくんですかね?

そいや、先日の東京都知事選。家入氏のマニフェストは都民の声の実現ってことで、直接聞いた意見をマニフェストとしていましたが。
これっていわゆる都民の理想よね。自分の声がきちんと反映されるんだもんね。

そんな訳で都知事選についてどう思います?なーんて、都民しか気にしないようなことを尋ねてもしゃーなしなので、逆に(晴一さん曰く)都民だけがアウェイだった件にしましょうか。

「あなたの中でのたかじんさんってどんな存在だったの?」

です( 'ω')

私は都民なのでそこいらの芸能人さんと変わりないですやっぱり。ただ、結構イタいとこついてるから、面白いという話は聞いてました。親から。親は東海出身なので知ってるのです。

ということで、おなしゃす!

2014/02/12(水) 19:18 Comment:0 TB:0 Blog Relay
Comment
Comment
Name
Subject
Mail
URL
Comment
Pass
Owner only


Track Back

Track Back URL
 

FC2 blog user
 
Track Back


月別アーカイブ
● 2037年12月 (1)
● 2018年08月 (1)
● 2017年12月 (1)
● 2017年04月 (1)
● 2017年03月 (1)
● 2016年12月 (1)
● 2016年09月 (1)
● 2016年03月 (1)
● 2016年01月 (1)
● 2015年11月 (3)
● 2015年05月 (1)
● 2015年03月 (1)
● 2015年01月 (1)
● 2014年12月 (2)
● 2014年11月 (1)
● 2014年10月 (1)
● 2014年07月 (2)
● 2014年06月 (3)
● 2014年05月 (2)
● 2014年02月 (2)
● 2014年01月 (2)
● 2013年09月 (1)
● 2013年07月 (1)
● 2013年06月 (6)
● 2012年10月 (1)
● 2012年09月 (1)
● 2012年08月 (1)
● 2012年07月 (1)
● 2012年06月 (1)
● 2012年05月 (1)
● 2012年04月 (1)
● 2012年03月 (1)
● 2012年02月 (1)
● 2012年01月 (1)
● 2011年12月 (1)
● 2011年10月 (1)
● 2011年09月 (4)
● 2011年08月 (1)
● 2011年07月 (1)
● 2011年06月 (1)
● 2011年05月 (1)
● 2011年04月 (1)
● 2011年03月 (1)
● 2011年02月 (1)
● 2011年01月 (1)
● 2010年12月 (1)
● 2010年11月 (1)
● 2010年10月 (1)
● 2010年09月 (1)
● 2010年08月 (5)
● 2010年07月 (2)
● 2010年06月 (1)
● 2010年05月 (4)
● 2010年04月 (6)
● 2010年03月 (4)
● 2010年02月 (3)
● 2010年01月 (3)
● 2009年12月 (5)
● 2009年11月 (3)
● 2009年10月 (2)
● 2009年09月 (5)
● 2009年08月 (4)
● 2009年07月 (1)
● 2009年06月 (1)
● 2009年05月 (4)
● 2009年04月 (4)
● 2009年03月 (4)
● 2009年02月 (5)
● 2009年01月 (3)
● 2008年12月 (1)
● 2008年11月 (4)
● 2008年10月 (6)
● 2008年09月 (5)
● 2008年08月 (1)
● 2008年07月 (6)
● 2008年06月 (5)
● 2008年05月 (11)
● 2008年04月 (13)
● 2008年03月 (7)
● 2008年02月 (9)
● 2008年01月 (8)
● 2007年12月 (7)
● 2007年11月 (5)
● 2007年10月 (5)
● 2007年09月 (18)
● 2007年08月 (9)
● 2007年07月 (13)
● 2007年06月 (5)
● 2007年05月 (2)
● 2007年04月 (4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。